2018年12月12日

メリークリスマス 2018

ご無沙汰しています。
一昨日ホノルル・マラソンが終わり、ハワイはクリスマス一色です。
20181201_161710_HDR.jpg
さて、私ごとすいませんが、先月11月に夫婦で台湾旅行に出かけました。台湾は食べ物も美味しいですし、日本人に優しく、結構日本語通じますし、なんと言っても日本から飛行機で3時間半と大変近く(時差も1時間)日本人の海外旅行先でNo.1なのがよく理解(納得)できました。
そこで2019年の活動目標として、私のお客様が台湾でも透析できるようにまず下準備の活動(マーケテイング)ができればと考えております。 そこでまずはニーズを探るためにも、「私も是非台湾旅行もしてみたい!」とお考えでしたら、是非ご一報いただければ幸いです。

posted by Kenji2 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報はこちらを

2018年12月25日

カパフル透析センターとアラモアナ透析センターの比較

ハワイで透析を受けられる場合 USRC系列の「カパフル」透析センターとFMC系列の「アラモアナ」透析センターの選択となるのですが、この両社を簡単に比較をして見ました。
20180331_100439.jpg

(アラモアナ透析センターの入り口)

20190828_091848_HDR.jpg

(カパフル透析センターの外観写真)

<透析費用関連>
USRC系列「カパフル」−$650/回 (ドクターへの費用もこの中に含まれる)
FMC系列「アラモアナ」−$700/回 + 診療費:ドクターへの費用−$35/回  合計:$735
透析中に投与される薬等は両社ともこの費用に含まれる。
*「カパフル」透析センターのほうが$85/回 安い
<概要>
「カパフル」−ワイキキから車で7−8分 現地の患者も通院されている一般の透析センターです。Max:23名まで受入れ可能。血液透析患者以外にも腹膜透析の患者も受け入れてくれる。
「アラモアナ」−ワイキキから車で15分 旅行客専用のクリニックであるが、3席(名)しか受入れられない。

<透析できる曜日と時間帯>
「カパフル」−月曜日から土曜日の6:30スタートと11:30スタートと16:00スタート3つの時間帯から選択できる。
「アラモアナ」−月曜日から土曜日の7:00〜17:00の営業時間のため夕方からの透析は受入れてくれない。また、午前(7:00)スタート、午後(12:00)スタートで合計6枠(午前-3名+午後-3名)しかなく、各時間帯早いもの順です

<日本語環境>
「カパフル」−受付担当者(事務スアッフ)と看護師が日本語対応可能。
「アラモアナ」−看護師(医療スタッフ)のみ日本語対応可能。

<透析センターの環境・その他>
「カパフル」−無料Wi-Fi提供、透析チェアーの暖房、DVD機器の無料貸与等々提供。もちろん「隔離室」も完備しています。ベテランスタッフが多く(10数名)在中しています。
「アラモアナ」−無料Wi-Fi提供、個別室内音調、無料24時間日本語テレビ放送、ウォシュレット等々を提供。「隔離室」施設がなく、スタッフが2名のみで対応

<結論>
一般的な透析を望まれるなら「カパフル透析センター」へ 価格が高くても”観光客専用”を望まれるなら「アラモアナ透析センター」の選択になると思います。

=改訂=
情報が古くなっていましたので、アップデートしました。
2019年12月26日改訂