2019年10月20日

事業方針の転換に関して<Part2>

昨日の続きです・・・・
弊社の設立以来 会社方針を”ハワイできめ細かいサービスを提供する”を全面にだし、@予約-A医療情報交換-B最終確認-C保険還付書類の準備-D空港送迎-Eクリニックへの送迎-Fドクター費用集金-G透析中のアテンド(防寒具、日本語DVD、体重計、車椅子等のレンタルを含め)等々ハワイでの透析に関する各種支援サービス提供をして参りました。
これは競合他社で日本の大手旅行会社でも同じ「海外旅行透析」をビジネスされていましたので、こことの「差別化」を出す為にこの方針を打ち出して来たのです。
この方針を今回見直す事になり、簡単に言うと 弊社のサービス提供レベルを”競合と同じレベル”にしよう!と言うのが今回の事業方針の転換です。
具体的に言うと競合他社と同じ@予約-A医療情報交換-B最終確認までのサービス提供とします。

実際、競合他社さんもこのサービス提供レベルでアラモアナ透析センターを利用して「海外旅行透析」のビジネスをされていますので、これだけでも 問題なくハワイで透析を受けられるという事です。


posted by Kenji2 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき