2019年10月21日

事業方針の転換に関して<Part3>

さて、本日も引き続き事業方針転換に関して
「海外旅行」に関する時代の変化は大きく変わり
最近の旅行客は旅行代理店を利用せず自分で飛行機やホテルを手配する「セルフブッキング」が一般的となっています。すなわち、旅行代理店を通さず、安く予約するといった選択肢をとる人が増加してます。
つまり数十年前と違い、インターネットが発達してオンラインで手軽に旅行関連の手配できるようになりました。
また、ハワイに行っても日本語がそこそこ通じるし、AIの急速な発展でオンライン翻訳が著しく向上し、英語が喋れる人<通訳>が不要になってきており、こういう意味でもハワイで現地サポートしてくれる人(=旅行代理店)も必要なくなって来ました。
Lom4th006.JPG
弊社もこの時代の流れを読み解くと・・・・オンライン上でハワイ透析の手配ができ、透析センターへの送迎に関しては今流行りの”Uber”(自動配車システム)を利用し、透析センターに日本語喋れるスタッフもしくはAIの自動瞬時翻訳ソフトが有れば・・・・弊社の「存在価値」はここ数年で全く必要なくなります。すなわち弊社は数年で「不要」という事になります。

この現状を踏まえ、弊社の進む道は 今後このビジネスの「終活」を進める必要があり、まずは安価にハワイ透析ができる方法を提供し、「セルフ・ブッキング」に導く方法を提供する事を今後の事業方針として進めてまいります。
まずは具体的に競合他社と同じレベルのサービス提供をし、競合より少しでも「安価」にハワイで透析をできる様にしていきたいと思います。


posted by Kenji2 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき