2018年02月08日

ハワイでの体重 測定は普段着のまま測ります

日本の透析センターでは一般的に パジャマに着替えてから体重を測定しますよね?
すなわちDW(ドライ・ウエイト)はこのパジャマ(+裸足)での設定となっていると思います。
ハワイでは透析中 パジャマには着替えず、普段着で、さらに靴を脱ぐ習慣もありませんので、透析前後の体重測定は普段着で靴を履いたまま体重を測ります。(ハワイの現地の患者は普段着で靴を履いた状態でのDWとなっています。)
すなわちハワイでは体重計に乗り、服+靴の差異を考慮する必要があります。
そこでいつも 衣服+靴はどれぐらいの重さがあるのだろうか?と思っていましたが・・・
20171128_084936.jpg
そんな中 先月テレビの番組(もちろん日本の)で季節ごとの衣服+靴(その他)の重さの違いを説明してくれているニュースを見ました。
ハワイでは夏服ですので・・・・この情報から 服+靴で1.7kgとなり、パジャマが02.kgの重さとすると、-1.5kgの差異を考慮すればいいのかな!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182356257
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック