2018年03月21日

重度障害者の医療費助成制度はハワイの透析治療で使えるのでしょうか?

引き続き、ハワイでの透析費用の還付に関する話題ですが・・・
前回、海外療養費制度&高額療養費制度でのハワイでの透析治療費に関する還付についてお話したのですが・・・

ここからは私もよくわからないので教えて欲しいと思い、この記事を書きました。
それは下記に示す「重度障害者医療費助成制度」に関して、この制度でハワイの透析費用の自腹分が補填されるか?です。
<重度障害者医療費助成とは>
健康保険に加入している重度障害者の方が、病気やケガでお医者さんにかかった場合、保険診療の一部負担金”すなわち自腹部分”を助成する制度です。入院中の差額ベッド代など保険診療の対象とならない費用は助成されません。 (※透析治療は保険診療の対象ですよね!) 対象になる方には、重度障害者医療証を発行します。”まずはこの重度障害者医療証を持っていなければならないのが。。。ここがみそなのかな?
<対象となる方>
1・2級障害者手帳をお持ちの方
特定疾患医療受給者証の所持者で障がい年金1級相当
所得制限:単身の場合本人所得4,621,000円以下

<重度障害者医療証を使えなかったとき>
やむをえない理由により重度障害者医療証を提示できず受診した場合や、この制度を扱わない病院や県外で受診した場合”まさにこれがハワイでの透析治療ですよね?”は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係で手続をすれば払戻しが受けられます。

これについて詳しく情報がありましたら、是非 私のメール
kenji2@(アット)trahel.com
までご教授いただければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。




posted by Kenji2 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 透析費用の保険還付
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182750789
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック