2018年06月12日

始めての”留置カテーテル”の日本からの患者様

日本人透析患者のハワイでのお世話してもうすぐ13年目を迎えるのですが・・・・
先日、初めて”留置カテーテル”の患者様に対応しました。
20180602_162802.jpg
私は大学を卒業してから一般企業でエンジニアーをしており、4年間アメリカに駐在していたのですが・・・
その時、よく悩まされたのが「アメリカ」と「日本」の規格の相違です。とりわけ配管、ネジ等は全く接続性なく、いつも配管接続のコネクター類を交換した経験があり、今回も日本の”カテーテル”にアメリカの透析装置がつながるのか・・・少し心配でしたが、問題なく接続できました。
医療機器の規格はやはりアメリカから来ているのでしょうね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183517309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック