2019年10月19日

事業方針の転換に関して<Part1>

今日もまた、ブロッグをアップしています。
さて、私がハワイで透析患者のサポート事業を始めたのが2006年です。
2004年からハワイに移住し、最初は日本から来られる介護&看護が必要な観光客に対してフルサポートサービスを提供するビジネスを始めました。
この一環(ハワイでの障害者支援)として2006年 初めて、日本から来られた透析患者を病院に連れていき、送迎、通訳、透析中のアテンドをしました。これが私の透析支援事業の始めです。
CIMG0942.JPG
この写真がこの時 初めて透析患者をお連れした病院です。

この2006年から今日までの13年間 透析患者をサポートしてきましたが、やはり「時代は変化する」のですね!
昨今 ハワイの透析センターでは日本人スタッフが雇用されるようになり、弊社の重点方針としてきた”各種サポートサービス”(送迎や付添等々のオプション)が選択されなくなってきたのです。これにより売上がダウンし、加えて今年(2019年)の夏からアラモアナ透析センターでの入室が制限されるようになり、アラモアナ透析センターでの弊社各種オプショナルサービス販売が事実上できなくなりました。
そこで、これを機に弊社の事業方針を転換する事にしたのです。


posted by Kenji2 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186698286
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック