2020年07月07日

7月7日ハワイで透析最新情報

皆様 いかがお過ごしですか?
昨日(7月6日)ハワイの新型コロナの患者数が1,000名を突破しました。また、ハワイアン航空で従業員13名のクラスターが発生したと報告されています。第2波到来が本格化してきたような気がします??

Colona.jpg

ご存知のように・・・ハワイ州政府は、8月1日より、観光業の再開に向けて、ホノルル国際空港到着前72時間以内のCOVID-19(新型コロナ)検査の陰性(−)証明を提示できる旅行者には、現在施行されている到着後14日間の自己隔離措置を免除すると発表しました。すなわち日本でPCR検査して新型コロナに感染していないと言う証明書を持参すれば、ハワイ旅行が可能になる旨の内容ですが・・・

残念ながらハワイの透析センターからはまだ日本の透析患者に対する受入許可の告知は全くありません!
これは当然の事だと考えております・・・・<こんなリスクを負いたくないのは>
ハワイの透析センターでは新型コロナの院内感染を一番脅威に思っています。すなわち外部の患者(日本からの)から(ハワイの)クリニック内で院内感染が発生すれば、そのクリニックの死活問題となってしまいます。ハワイの透析センターは観光業では無く、現地の透析患者で経済活動<経営>が成り立っていますので、院内でのコロナ感染 封じ込めだけに注力すればいい事になります。もちろんハワイの透析患者も日本の患者<外部から>に来てほしくないのが本音でだと思います。

とう言うことで私の個人的な意見として...8月から ハワイ旅行の再開はありますが、残念ながら透析患者のハワイ旅行はまだまだ先ではないかと考えております。

posted by Kenji2 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187672794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック