2009年09月14日

ハワイの透析概要@

ハワイ州は観光立国(州)として、ビジター(観光客)の人工透析をほとんどの透析医療機関(病院)で受け入れています。
但し、各医療機関とも地元住民の患者が優先しますので、透析ベット数が多く、常時観光客を受け入れてくれる医療機関を選ぶ必要があります。また、オアフ島(ホノルルがある中心地)以外のマウイ島やハワイ島等で透析を受けるには(これらの島ではベット数が少ないので)事前の「根回し」が必要と思われます。

料金は1回の透析で病院に払われる医療費が600ドル〜700ドルと高価ですが、この透析治療費は後日、日本に帰国後、日本の健康保険制度や障がい者支援制度を利用すればある程度戻ってきます。

eggs'n041014-05.jpg

さて、最初に実行することは、(ハワイで人工透析をするのにあたり、日本で通っている病院から本人の医療情報提供が必要となりますので)自分の担当医にハワイ旅行が可能か?相談する事が始めの一歩です。
担当医からOKをもらったら、ハワイ旅行の日程を決めます。
旅程が決まりましたら、ハワイで透析する日時を決定します。その日時で透析可能かハワイの病院に打診し、仮予約確を入れます。
必ずこの透析の仮予約が確定してから、飛行機、ホテル等の旅行の手配を進めてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32123045
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック