2009年09月16日

ハワイで人工透析 概要A

上記 仮予約完了後、日本で通院されている病院とハワイの病院で、透析に関する各種医療情報<”VPP書類”と呼ばれています>のやり取りが行われます。このVPP書類にしたがって、ハワイの担当医師からハワイでの透析治療内容が決定され、治療指示書という形で仮予約を入れた透析センターに指示がいきます。同時に弊社に治療費の請求書が届きますので、弊社にて”最終確認書”を作成し、請求書と併せてを送付さしあげます。
これで、すべての予約作業が完了です。あとはハワイに向けて出発のみとなります。
<ハワイ到着日>
ハワイに到着後、すぐに弊社に連絡をください。(弊社にて1週間前に予約のリコンファームの連絡をしていますので)最終のご連絡(スタート時間、送迎時間、その他注意事項)をさしあげます。
<ハワイ透析日>
当日病院に出向き、透析を受けます。透析を受け終わったら、治療費還付書類をいただくのを忘れないでください。 *詳細は別途”ハワイでの透析(1日の流れ)http://hawaiihd.sblo.jp/category/805401-1.html
で説明しております。
帰国後、上記保書類(日本語訳も必要です)を提出し、治療費の還付を受けます。

eggs'n041019-03.jpg
以上がハワイで透析を受ける時の概略です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32165161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック