2009年10月08日

ハワイ旅行の分類A

以前の続きで、人工透析をしながらハワイ旅行をするには大きく分けて

1)添乗員が同行する<透析患者の団体旅行>
=メリット=
全て(旅行、病院、食事等々まで)旅行会社が手配してくれる。旅行中(日本から)ほとんどの工程で添乗員が帯同してくれる。参加者が透析患者なので連帯感を持てる。

=デメリット=
団体行動なので、個人の自由行動が制限される。コストが一般の団体旅行より高価になる。また一緒に参加する家族までが同じ旅行代金を払わなくてならない。

*海外旅行初心者や、安心感を求めるならばこれがいいと思われる。*

2)旅行会社が施行するハワイの一般的な<パック・ツアー>
=メリット=
各種旅行会社や海外旅行検索サイト等で多種多様なパック旅行から自分の目的に合致した旅行プランが選べ、旅行の予約ができます。インターネットの発展で簡単に安価なハワイ旅行を探し出す事もでき、格安にハワイ旅行をされたい方には大変便利になっている。また、ほとんどのハワイ・パック・ツアーは終日自由行動という旅程になっているので、自分で行きたいと所を選択でき、旅の自由度が上がります。
=デメリット=
旅行(航空券+ホテル)の手配はとんどの旅行会社がしてくれますが、「ハワイの透析」に関する手配は殆どの旅行会社では手配してくれず、旅行の手配とは別途で自らで<個人で>ハワイ透析を手配してくれる専門業者を探し、別途料金を払い、透析関連の手配をしてもらわなければならない。

*ハワイ旅行の経験者でハワイ透析の手配に関しては個人で専門業者を探し、透析関連のみ別途 申込ができる方には最適と思われる。*

3)個人旅行
=メリット=
旅行の自由度が格段に向上する。
=デメリット=
ハワイ旅行、透析を含め、各種手配を全て個人でしなくてはならないので手間が掛かる。

*ハワイ旅行リピータの方で航空会社のマイレージ特典等を利用してハワイ旅行をしたり、タイムシェアー等のリゾート会員権のメンバーでハワイに頻繁に行かれる方に最適である*
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32768226
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック