2009年10月13日

ハワイの人工透析に申込む前にA

(写真はリバティ-カイムキの透析センターです。)
IMG_9632.jpg

さて、次はハワイの何処の透析施設で治療を受けるかです。
現在ハワイで旅行透析患者を受け入れてくれるのは
@FMC-Liberty Hawaii
AU.S. RENAL Care(USRC) (旧アロハ透析、旧DSI)
のどちらかの透析センターで治療を受ける事になります。その詳細は
http://hawaiihd.sblo.jp/article/84844500.html (こちらを参照)
上記2つの透析センターの どの場所(残念ながらAのUSRCはオアフ島にしかありません)で透析をするか?を決めます。
尚、弊社では現在 継続的(将来に渡って安定的に)利用して行くことができると判断しているUSRC系列の“カパフル透析センター”を利用しています。

次に これらの病院とのやり取りを
@自力で行う
A旅行代理店に頼む
B弊社の様な”透析専門の仲介業者”に頼む
を決める必要があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32890584
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック