2009年11月30日

病院からの請求書と(ホノルルの透析センター以外では)クレジットカードの提示

164509878_38s.jpg
@患者インフォメーショシートAシャントアクセス図B治療承諾書の計6枚の<VPP書類を>ハワイの病院に提出すると、病院から今回の透析に関する”医療費の請求書”(もちろんドル建てで)が送られてきます。これがハワイで透析をするために病院に支払いをしなくてはならないお金です。 ハワイの医療費は@透析治療費(透析センターに払う費用)+A診察費(医師に払う費用)の2本立てです。
@の透析治療費の支払いは”クレジットカード”or”現金”でできますが、Aの診察費は”現金”のみです。

又、ホノルル以外の透析センターでは「保障金」=Depositという形でクレジットカード(情報)を事前に提示しなければなりません。
クレジットカードは別に本人名義のものでなくても(家族のクレジットカード)OKです。また、クレジットカード情報は安全上、メールではなく、FAX(または電話)でのやり取りとします。
=必要なカード情報=
カードタイプ:「VISA」or「MASTER」or「JCB」のカードの種類を
カード番号:4桁 4桁 4桁 4桁
有効期限: /  MM/YY 有効期限:月(2桁)/年(2桁)
カード保持者:カードに刻印されている氏名をローマ字で
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33939427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック