2010年01月01日

透析の1日 Part11

IMG_9771.JPG
いよいよ透析終了時間です。透析装置内にある血液を生理食塩水を利用し、リンスバックします。(この時の”戻し”と言われている生理食塩水の量が0.4kg=400mlが標準との事。)
終了時にも体温、直立時+座位の血圧等のバイタルチェックをします。
これらバイタルチェックと、体調の不具合がない事を確認し、注射針を抜く事になります。
注射針を抜き、止血の処置に入るのですが、この止血方法がアメリカでは違っており、何もリクエストがないと、ガーゼ+テープでぐるぐる巻きにされます。
したがって、特別な止血方法がある場合には、あらかじめ(終了前に)必ず止血方法をリクエストしてください。
また、「止血バンド」はこちらでは全く利用されていませんし、安全上、好ましくないと言う事で、看護士が基本的には処置してくれません。(頼めばやってくれますが、あくまでも自己責任という事で)

最後に、体重測定をして、本日の抜き量を確認します。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34500399
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック