2010年09月25日

海外療養費支給制度【書類の和訳】

Kenji2.JPG

前回の続きで
1.「診療内容明細書」
2.「領収明細書」
3.病院の実際の領収書(原紙)の3つの書類が英語で記載されています。
そこで,この3枚の書類を和訳する事になるのですが・・・

上記1.と2.は日本文と英文の両方の言語で併記されているのですが日本の担当窓口の中には”全て日本語に訳した書類が必要です。”と言われる場合があります。その場合に備えてこれらを日本語に訳した書類を準備する必要があります。
また、この書類は和訳した担当者が”私が責任をもって和訳しました。”という証拠として和訳者のサインが必要となりますのでお忘れなく!

更に、和訳を業者に頼んでも、よく3.の実際の領収書(請求書)が和訳されていない事がありますので、業者に”請求書”の和訳も忘れないようにお願いしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40913575
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック