2009年09月13日

はじめに

ハワイで人工透析をするにあたり、

-ハワイの人工透析はどの様なものなのか?
-どのように申し込んだらいいのか?
-どんな準備がひつようなのか?
-注意点は?
40686623_67.jpg

ハワイで透析するためにまず知っておく事やハワイに行くまでにしなければならない事に関しての各種情報を提供していきます。

2009年09月14日

ハワイの透析概要@

ハワイ州は観光立国(州)として、ビジター(観光客)の人工透析をほとんどの透析医療機関(病院)で受け入れています。
但し、各医療機関とも地元住民の患者が優先しますので、透析ベット数が多く、常時観光客を受け入れてくれる医療機関を選ぶ必要があります。また、オアフ島(ホノルルがある中心地)以外のマウイ島やハワイ島等で透析を受けるには(これらの島ではベット数が少ないので)事前の「根回し」が必要と思われます。

料金は1回の透析で病院に払われる医療費が600ドル〜700ドルと高価ですが、この透析治療費は後日、日本に帰国後、日本の健康保険制度や障がい者支援制度を利用すればある程度戻ってきます。

eggs'n041014-05.jpg

さて、最初に実行することは、(ハワイで人工透析をするのにあたり、日本で通っている病院から本人の医療情報提供が必要となりますので)自分の担当医にハワイ旅行が可能か?相談する事が始めの一歩です。
担当医からOKをもらったら、ハワイ旅行の日程を決めます。
旅程が決まりましたら、ハワイで透析する日時を決定します。その日時で透析可能かハワイの病院に打診し、仮予約確を入れます。
必ずこの透析の仮予約が確定してから、飛行機、ホテル等の旅行の手配を進めてください。

2009年09月16日

ハワイで人工透析 概要A

上記 仮予約完了後、日本で通院されている病院とハワイの病院で、透析に関する各種医療情報<”VPP書類”と呼ばれています>のやり取りが行われます。このVPP書類にしたがって、ハワイの担当医師からハワイでの透析治療内容が決定され、治療指示書という形で仮予約を入れた透析センターに指示がいきます。同時に弊社に治療費の請求書が届きますので、弊社にて”最終確認書”を作成し、請求書と併せてを送付さしあげます。
これで、すべての予約作業が完了です。あとはハワイに向けて出発のみとなります。
<ハワイ到着日>
ハワイに到着後、すぐに弊社に連絡をください。(弊社にて1週間前に予約のリコンファームの連絡をしていますので)最終のご連絡(スタート時間、送迎時間、その他注意事項)をさしあげます。
<ハワイ透析日>
当日病院に出向き、透析を受けます。透析を受け終わったら、治療費還付書類をいただくのを忘れないでください。 *詳細は別途”ハワイでの透析(1日の流れ)http://hawaiihd.sblo.jp/category/805401-1.html
で説明しております。
帰国後、上記保書類(日本語訳も必要です)を提出し、治療費の還付を受けます。

eggs'n041019-03.jpg
以上がハワイで透析を受ける時の概略です。

2009年09月17日

夢をあきらめない

人工透析が必要だからと言って、ハワイ旅行をあきらめていませんか?もうやだ〜(悲しい顔)
小さな夢(海外旅行に行きたい!)を持ち、これを実現する事は人生を有意義に過ごすために必要ではないでしょうか?

さて、どんな「バリア」(透析患者だからハワイ旅行にはいけない!)が皆さんの前に立ち塞がっているのでしょうか?

やはり、一番大きなのは本人の「心のバリア」揺れるハートではないでしょうか?

1.***** 本人の心のバリア *****
自分自身が海外旅行に出かける事を怖がっている事です。
ハワイでうまく透析ができるのだろうか??
ハワイの病院は大丈夫なだろうか??
英語がしゃべれなくても大丈夫なのか??
等々 考え出したら「限」がありません。

「本人の心のバリア」は自分で乗り越えるしかありません。飛行機前向きな考えを持ち決断するしかありません。毎年100名以上の透析患者がハワイにやってきています!まずは ほんの一歩でもいいから、前に進みませんかダッシュ(走り出すさま)

2.***** 家族の心のバリア *****
これも結構ありますね!やはり心配するのは家族です。ハワイ旅行中に透析患者の家族に何かが起こったら・・・・と考えるとハワイ旅行を断念させてしまうのが家族としての愛情だと思っていませんか?
まずは家族で話し合う事から始めましょう!
逆に、家族全員で進んでこれら各種バリアを取り除くような協力できれば「家族愛」は一層深まるのではないでしょうか??

3.***** 医者のバリア *****
次に登場するのが、医者からの悪意のない言葉や態度です。
「ハワイに行きたいのですが・・・」と担当医に相談すると
医師は自分のところの透析治療が一番優れていると考えていますので、海外の透析施設で治療に関しては否定的な事を言う事が多々あります。
「ハワイに行ってうまく透析できなかったどうするの?」「十分な医療サポートが無いですよ!」「医療費が高額ですよ!」等々の悪意の無い言葉や、ハワイに提出する英文での透析情報の書類作成に対しての協力を快諾してくれない(逆に書類作成に高額な費用を請求する)態度を取られる事により、海外旅行をあきらめてはいませんか?
これもよく話し合って、日本の担当医に協力してもらうしかありません!

4.***** 情報のバリア *****
最後に誤った情報や情報不足から生じる情報のバリア<不安>があると思いませんか?
このブログを立ち上げた目的はこの”ハワイの人工透析(旅行)に関する情報の壁を無くそう!”をスローガンに掲げ、ブログで情報発信を続けていけば「人工透析を受けながら、ハワイ旅行をしてみよう!」と考えてくれる人が増えると確信しております。

2009年09月30日

ハワイ旅行の分類@

さて、人工透析をしながらハワイ旅行をするには大きく分けて
1)添乗員が同行する透析患者の団体旅行
2)旅行会社が施行するハワイのパッケージツアー
3)個人旅行
の旅行方法があるのではないでしょうか!

1)に関しては旅行の手配から、ハワイでの透析手配まですべて込み込みの”おまかせ”で参加者もすべて透析患者もしくはその家族で構成された団体旅行です。

2)は旅行会社が施行する一般のパック(ハワイは航空券+ホテルのプリーパッケージが主流)旅行を選択し、旅行代理店(JTB、HIS等々ではバリアフリー専門部門あり)で透析手配を代行してくれたり、私の様なハワイで透析の手配や支援をしている業者を紹介してくれたりします。

3)は「旅行」や「ハワイの透析」等々をすべて個人で手配するものです。(もちろん「ハワイの透析」だけは私の様な業者にお願いする事も可能です。)

2009年10月08日

ハワイ旅行の分類A

以前の続きで、人工透析をしながらハワイ旅行をするには大きく分けて

1)添乗員が同行する透析患者の団体旅行
=メリット=
全て(旅行、病院、食事等々まで)旅行会社が手配してくれる。旅行中(日本から)ほとんどの工程で添乗員が帯同してくれる。参加者が透析患者なので連帯感を持てる。

=デメリット=
団体行動なので、個人の自由行動が制限される。コストが一般の団体旅行より高価になる。また一緒に参加する家族までが同じ旅行代金を払わなくてならない。

*と言うことで、海外旅行初心者や、安心感を求めるならばこれがいいと思われる。*

2)旅行会社が施行するハワイのパッケージツアー
=メリット=
一般のハワイ観光客と同じ扱いなので、あればハワイ格安ツアーにも参加できる。ほとんどのハワイパッケージツアーは終日自由行動という旅程になっているので、自分で行きたいと所を選択できる。
=デメリット=
ほとんどの旅行会社ではハワイの透析に関する手配をしてくれず、手配代行業者等を紹介してくれるだけで、ハワイ病院の手配に関しては個人で手配する事になる。

*ハワイ旅行経験者で病院の手配に関しては個人で手配代行業者経由して申込ができる方には最適と思われる。*

3)個人旅行
=メリット=
旅行の自由度が格段に向上する。

=デメリット=
旅行を含め、各種手配を全て個人でしなくてはならないので手間が掛かる。

*ハワイ旅行リピータの方で航空会社のマイレージ特典等を利用してハワイ旅行をしたり、タイムシェアー等のリゾート会員権のメンバーでハワイに頻繁に行かれる方に最適である*

2009年10月09日

ハワイの人工透析に申込む前に@

CIMG0024.jpg

さて、ハワイに行こうと!決めら、概略の旅程(出発日、帰国日、滞在先等)を決めます。

必ず旅行関連の最終予約は透析の予約が確定してからにしてください。

@まずは最初に、日本の担当医にハワイ旅行の許可をいただいてください。

Aその次に、ハワイ滞在中 いつ(日付けとスタート時間)、どこで(ホノルル、ハワイ島、マウイ島) 透析をするか決めます。これには日本出発前と帰国後に日本で透析する日時を考慮し、透析の間隔が問題ないか?考慮に入れなければなりません。(ハワイと日本は時差がありますので、これも考えて透析の間隔を計算してください!)

Bその後、ホテル、飛行機等の交通手段の予約になります。

2009年10月13日

ハワイの人工透析に申込む前にA

(写真はリバティ-カイムキの透析センターです。)
IMG_9632.jpg

さて、次はハワイのどの透析施設で治療を受けるかです。
現在ハワイでは緊急透析以外
@FMC-Liberty Hawaii
ADSI (旧アロハ透析、旧カパフル透析)
のどちらかの透析センターで治療を受ける事になります。その詳細は
http://hawaiihd.sblo.jp/article/84844500.html (こちらを参照)
上記2つの透析センターの どの場所(残念ながらAのDSIはオアフ島しかありません)で透析をするか?を決めます。
尚、弊社ではハワイ全島での透析ができ、曜日&時間帯の選択ができ、スタッフの教育がしっかりしている@FMC-Liberty Hawaiiを利用しています。

次に これらの病院とのやり取りを
@自力で行う
A旅行代理店に頼む
B私のような”専門の仲介業者”に頼む
を決める必要があります。

2009年10月16日

ハワイで人工透析 予約申込ステップ

弊社(トラベル・ヘルパー・ハワイ)にてハワイ人工透析斡旋サービスを予約する時の申込手順(ステップ)を簡単にお知らせします。
IMG_9717.jpg

1.ハワイでの透析日時等を決め、弊社指定の「申込書」を送付していただきます。

2.弊社で病院に対して、患者さんが望んでいる、場所、日時で、病院にベットの空きがあるか、確認し、あれば仮予約をします。

3.ハワイで透析をするのにあたり、患者さんのメディカルレポート(を含んだ正式な申込書)の要求が病院からありますので、日本の担当医にこのレポートの空欄を埋めてもらい、ハワイの病院に提出します。

4.ハワイで透析をする前の最新(1ヶ月前)の日本での血液検査のデータをハワイの病院に提出します。

5.ハワイの病院から、治療費の請求書が発行されます。ワイキキでの透析の場合、現地にてこの支払いができますが、それ以外の施設では事前に「クレジットカード」の情報を提供します。

6.最後に弊社から「最終確認書」が発行され、これで、正式にハワイでの透析の予約が完了します。

2009年10月17日

申込書を請求する

ApplyForm.jpg
まずは、ハワイ人工透析斡旋サービス申込書を請求します。トラベル・ヘルパー・ハワイ宛にメール、電話、FAXのいずれかにて申込書の請求をしてください。
もちろんこのブログの右上の”各種資料ダウンロード”からも申込書を入手できます。

申込書は「エクセル」の形式で作成されていますので、PCとe-mailが利用できる環境の方には、e-mailにてこの申込書を添付し、パソコンがない環境の方には、FAXにて送付いたします。

2009年10月20日

申込書の記入 @

申込書<空欄>と同時に申込書<記入例>が送付(もしくは各自でダウンロードしてください!)されますので、この記入例を参考にして申込書を記入してください。
パソコンが使える環境(エクセルのソフト)がありましたら、申込書のエクセルデータがありますので、これに記入してください。

=記入内容=
・氏名(姓、名)−英語のスペルが重要となります。
・性 別(男・女を)
・婚姻 (未・既)
・弊社 利用回数 - 初めての場合は1回目です。
・郵便番号
・e-mail
・自宅 住所
・電話
・FAX
・生年月日(西暦)
・勤務先 会社名 TEL:住所: FAX:
・日本の透析 病院・施設名:TEL:住所: FAX:
・担当医師名

続く・・・・

2009年10月24日

申込書の記入 A

申込書の記入 @から続く

=記入内容=
・最初の透析導入日 −保険還付書類を作成する為に必要で日本の保険申請上で年月日を
・透析時間
・旅行情報 ハワイ到着日 ハワイ出発日 滞在ホテル 旅行代理店
・滞在中の連絡先(上記ホテル、携帯の電話)
・緊急連絡先 氏名 続柄 左記連絡先電話(携帯)
・透析場所(注1)
・透析希望日 
・希望開始(注2)
・オプションの選択 送迎(注3) 付添い&通訳(注3)
1(注1):Honolulu(ホノルル)・Maui(マウイ島)・BigIsland(ハワイ島)・Other(その他)のいずれかをお書きください
(注2):希望開始時間に関しては「7:00」am、「12:00」pm、「「16:00」pmからお選びください。
(注3):「要」-「不要」を明記ください。「要」の場合は別途オプション料金が必要になります。
・保険請求の要-不要 要
・健康保険の種類 ←「国民保険」-「社会保険」-「その他」を必ずご記入ください。

2009年10月29日

仮予約

s-CIMG0942.jpg
お客様より頂いた申込書を元にトラベル・ヘルパーにて英文で予約リクエストフォームを作成し、ハワイの病院に提出します。
病院から希望の日時で受け入れが可能ですと、その日時で「仮予約ができました」と言う内容の確認書が送られてきます。
これでハワイでの透析の受け入れはOKとなりましたので、この確認書をもらってから、正式に旅行関係(飛行機、ホテル等)の予約を初めてください。
また、この仮予約の「確認書」と併せて、患者インフォメーションシートや同意書等々 正式申込みのための書類一式(ビジター・プログラム・パケット:VPP書類)をお客様に送付します。
併せて仮予約が完了しましたので、お手数ですが弊社の指示に従って、日本の指定銀行に申込金の入金をお願いいたします。

2009年11月04日

患者インフォメーションシート@

622085110_194s.jpg
さて、仮予約が完了すると、次に(透析に関する)医療情報のやり取りのために”患者インフォメーションシート”を作成します。
このシートは日本の透析をされている病院で先生に記入してもらい、ハワイの病院に提出するものです。
この情報を元にハワイで透析治療がされますので、大変重要なシートですから、くれぐれも間違いないように記入してもらってください。
もちろん、ハワイの病院に提出するシートですので、(病院の先生には)「英語」で記入してもらいます。

2009年11月13日

患者インフォメーションシート A

この患者インフォメーションシートの記入時の注意点は
下記を参照ください。
http://www.trahel.com/VPPNote.pdf

さて、この書類の中で最新の血液検査データの記載がありますが、これはハワイで透析を受ける日から1ヶ月以内のものが望ましいです。(例:ハワイ透析の初日が8月10日の場合--すべての血液検査データは7月10日以降のものが望ましい)また、Hbs抗原に関してのみは1ヶ月以内が”MUST”ですので注意してください。Hbs・抗原抗体等の普段行われていない血液検査項目もありますので、仮予約が取れた時点で、まずは渡米(ハワイ)1ヶ月前にこれらすべての項目の血液検査ができるように病院に依頼を入れておいてください。
また、2度手間ですが・・・仮予約完了時の検査データで患者インフォメーションシートを作成してもらいこれを提出し、再度、ハワイへ出発する日の30日前になったら、最新の血液検査データのみをハワイの病院に提出する事も可能です。

2009年11月20日

治療承諾書

639193491_59s.jpg
患者インフォメーション用紙4枚とBlood Access図 の計5枚を日本の担当医に記入してもらい、最後にこの”治療承諾書”に同意する旨の本人(治療を受ける方)とその家族の方の署名をします。ということでこの治療承諾書は日本の医師に提出不要です。
この”治療承諾書”は
1.医療情報の公開
2.保険手当の譲渡
3.支払いの同意
4.全額支払い
5.法務費用
6.その他の請求
について書かれており、これに同意する旨のサインとなります。

尚、この”患者インフォメーション(4枚)+”Blood Access図(1枚)”+”治療承諾書(1枚)”=”VPP書類(計6枚)”をハワイの病院に提出する事により、書類に不備がない場合「仮予約」の状態から、「本予約」の状態になります。よってこのVPP書類に不備があると、本予約になりませんので、日本の医師にはこのVPP書類を記載してもらう前に”患者インフォメーションシート記入上の注意点”を必ず読んでもらうようにお願いしてください。

2009年11月30日

病院からの請求書と(ホノルルの透析センター以外では)クレジットカードの提示

164509878_38s.jpg
@患者インフォメーショシートAシャントアクセス図B治療承諾書の計6枚の<VPP書類を>ハワイの病院に提出すると、病院から今回の透析に関する”医療費の請求書”(もちろんドル建てで)が送られてきます。これがハワイで透析をするために病院に支払いをしなくてはならないお金です。 ハワイの医療費は@透析治療費(透析センターに払う費用)+A診察費(医師に払う費用)の2本立てです。
@の透析治療費の支払いは”クレジットカード”or”現金”でできますが、Aの診察費は”現金”のみです。

又、ホノルル以外の透析センターでは「保障金」=Depositという形でクレジットカード(情報)を事前に提示しなければなりません。
クレジットカードは別に本人名義のものでなくても(家族のクレジットカード)OKです。また、クレジットカード情報は安全上、メールではなく、FAX(または電話)でのやり取りとします。
=必要なカード情報=
カードタイプ:「VISA」or「MASTER」or「JCB」のカードの種類を
カード番号:4桁 4桁 4桁 4桁
有効期限: /  MM/YY 有効期限:月(2桁)/年(2桁)
カード保持者:カードに刻印されている氏名をローマ字で

2009年12月01日

予約完了(最後に)

上記治療費の請求書 と(必要な場合のみ:クレジットカード情報の提供のお願い)併せて、弊社より「最終確認書」と言う 書類が発行されます。
この書類に今回予約した内容がすべて網羅されていますので、届きましたら、間違いがないか?再確認してください。

最後にハワイへ出発する前、日本で最後行った病院の透析記録用紙を持参することをお勧めします。
英語で書かれているのがベターですがもちろん日本語でもOKです。
日本での(最後の)透析の状況がわかれば、ハワイでの透析の参考となるからです。
また、患者インフォメーションシートを提出してから、Dry体重が変更した等々の変更内容がありましたら、この記録用紙に追記していただければ幸いです。

2012年07月15日

ハワイ旅行で安心して透析をうけるには

最後までお読みいただきありがとうございました。
是非、ハワイ旅行に挑戦したいとお考えでしたら、まず”ハワイで透析ご案内(書)”をダウンロードして、一読後、申込書を送付ください。

あなたのハワイ旅行を完全バックアップします!
leafletB.jpg
弊社は2006年の創業からハワイで透析患者を延べ1,000名以上(11年間で)サポートしてきました。また、代理店業者などでよくある”透析の手配が完了したら、それで終了”ということはなく、旅行前からハワイ滞在中、そして帰国後まで(日本語で)すべての過程で責任をもって対応します。加えて、透析医療の専門的な知識を持っていますので、お客様の個別の透析に関する心配も対応できますので安心してハワイ旅行をお楽しみください。


私のHP http://www.trahel.com/touseki/もよろしくお願いします。