2010年09月12日

健康保険-海外療養費&高額療養費支援制度について


IMG_0072.jpg

皆さんご存知ですか? まずは以下の2つの支援費を
==<海外療養費>====================
健康保険の被保険者が病気やケガで海外の医療機関で治療を受けた場合、一定の条件を満たせば健康保険が適用され、帰国後の請求に基づいて支払った医療費の一部が海外療養費として支払われます。
=============================

==<高額療養費>====================
人工透析の治療うけている慢性腎不全患者は、各保険制度で「特定疾病療養受療証」交付の手続きをすると、ほぼ一生の間、すべての透析治療を要する長期高額疾病の患者として月額の自己負担額が10,000円または20,000円になるように高額療養費として支払われます。
=============================

したがって、ハワイで支払った透析治療費は上記の仕組みを利用し、加入している健康保険(国民健康保険、社会保険等々)に請求して、上記<海外療養費、高額療養費>を受け取る事ができます。

また、これ以外にもお住まいの地方自治体で透析治療に関する費用を請求できる仕組み(例:東京都の場合は「マル都」制度)がありますので、通院されている透析施設のソーシャル・ワーカーにまずは相談してください。

2010年09月14日

海外療養費支援制度【支給される範囲】

DSC00217.jpg
支給が受けられるのは、その治療が日本国内の保険診療として認められた治療である場合です。次のような場合は除かれます。
1. 保険のきかない診療、差額ベッド代。
2. 美容整形。
3. 高価な歯科材料や歯列矯正。
4. 治療を目的に海外へ行き治療を受けた場合。(心臓・肺等の臓器の移植)
5. 自然分娩も保険医療対象外。
6. 交通事故やけんかなど第三者行為や不法行為に起因する病気・けが。

もちろんハワイでの透析治療は認められた治療です。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。

2010年09月16日

海外療養費支援制度【支給される金額】

さて、今後は国民健康保険を例に取って還付金、還付方法に関してお話します。
Halloween.jpg

【支給される金額】 海外の病院等での治療費は各国によって異なります。海外療養費の額は、日本国内での同様の病気やけがをして国民健康保険で治療を受けた場合を基準にして決定します。(標準額) また、支給額算定の際には、支給決定日の外国為替換算率(売レート)が用いられます。
実際の医療費が、日本国内での保険診療費より低い場合
支給額 : 実際の医療費−(実際の医療費 × 一部負担割合)
実際の医療費が、日本国内での保険診療費より高い場合
支給額 : 日本国内での保険診療費(日本国内での保険診療費 × 一部負担割合)
【申請窓口】 ご加入の市区町村・国保組合へ申請します。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。

2010年09月19日

【申請および支給までの手順】

IMG_0078.jpg
1. 国外に行く前に、市役所または支所等の窓口で「診療内容明細書」「領収明細書」の用紙を受け取り、国外に携帯してください。

2. 海外で疾病にかかった場合、治療費の全額を医療機関に支払い、領収書を受け取ります。「診療内容明細書」「領収明細書」を医師に記入してもらい、受け取ります。なお、月をまたがって受診した場合、1ヵ月単位で作成してもらってください。(用紙はコピーしてください)

3. 帰国後、必要書類を持参し、海外療養費の申請をしてください。

4. 国保連合会で書類を審査し、日本国内で同様の治療をした場合にかかる保険診療の範囲内で支給額を決定します。

5. 支給は、申請月から2ヵ月後の月末までに世帯主の口座へお振込いたします。

***請求期限 治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です***


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年09月21日

海外療養費支給制度【必要書類】

IMG_0079.jpg
【必要書類】
1. 療養費支給申請書(申請窓口で記載していただく書類です。)
2. 診療内容明細書:診療内容等がわかる医師の明細書。
3. 領収明細書(医科、調剤・歯科用):内訳がわかる領収書。
4. 診療内容明細書と領収明細書の日本語訳文。(翻訳者の住所・氏名が記載され、押印されているもの。)
5. 海外の医療機関に全額治療費を支払った領収書。(原本)
6. 国民健康保険の被保険者証
7. 海外で治療を受けられた方のパスポート
8. 世帯主の印鑑。(朱肉を使うもの。)
9. 世帯主の銀行口座がわかるもの。(郵便局以外の口座)

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。


2010年09月22日

海外療養費支援制度【注意事項】

void(0).jpg
【注意事項】

○一部負担金割合は、日本国内での受診と同じで下記のとおりです。
平成14年度10月診療分から
・一般被保険者 :標準額の7割
・退職者被保険者(本人) :標準額の7割
・退職者被保険者(家族)入院 :標準額の7割 (家族)外来 :標準額の7割
・前期高齢者 :標準額の7割または9割(18年9月診療までは8割)
・3歳未満児 :標準額の8割

○ 海外の医療機関で「診療内容明細書」「領収明細書」をもらうのに費用がかかる場合も考えられますが、 その費用は申請者の負担となります。

○ 必要に応じて民間の海外旅行損害保険等にも加入しましょう。

○ 海外の場合、日本国内と同じ病気・けがでも、国や医療機関によって請求金額が大きく異なります。

○ 民間の旅行保険等から治療費(保険金)が支給される場合でも、海外療養費の支給額を減額することはありません。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年09月23日

海外療養費支給制度【英文書類】

s-DSC00006.jpg
【英文書類】

さて、ハワイ側で下記の書類さえ準備できれば、その他は帰国後日本でどうにかなります。
したがって、下記の書類だけ、ハワイで必ず作成してもらってください。すなわちこれらの書類は英語で記載されるという事です。
1.「診療内容明細書」
2.「領収明細書」
 *上記書類は"国民保険"、”社会保険"等の保険の種類で書式が異なっていますので、注意してください。
3.病院の実際の領収書(原紙)

上記の書類を日本で提出するとき、英語から日本語への訳が必要となりますますので、(翻訳ができる方は問題ないのですが)翻訳が必要でしたら、ハワイ側で上記書類を翻訳してもらった方がいいと思います。
尚、コーディネート業者の中にはこの和訳を含めたこれらの書類を準備するのに別途料金が必要となるところが有りますので、事前にコーディネート費用を確認して下さい。(弊社は基本料金の中にこれら書類の準備すべてを含んでおります。)

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。


2010年09月25日

海外療養費支給制度【書類の和訳】

Kenji2.JPG

前回の続きで
1.「診療内容明細書」
2.「領収明細書」
3.病院の実際の領収書(原紙)の3つの書類が英語で記載されています。
そこで,この3枚の書類を和訳する事になるのですが・・・

上記1.と2.は日本文と英文の両方の言語で併記されているのですが日本の担当窓口の中には”全て日本語に訳した書類が必要です。”と言われる場合があります。その場合に備えてこれらを日本語に訳した書類を準備する必要があります。
また、この書類は和訳した担当者が”私が責任をもって和訳しました。”という証拠として和訳者のサインが必要となりますのでお忘れなく!

更に、和訳を業者に頼んでも、よく3.の実際の領収書(請求書)が和訳されていない事がありますので、業者に”請求書”の和訳も忘れないようにお願いしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年11月09日

高額療養費の申請

s-IMG_1235.jpg
親切な各種健康保険の窓口で「海外療養費」の申請をすると同時に「高額療養費」も併せて処理してくれるのですが・・・
たまに不親切な窓口では「海外療養費」のみを処理し、「高額療養費」を処理してくれない場合がありますので注意してください。
==<高額療養費の申請>============
「特定疾病療養受療証」を提示することにより、日本では1か月の(窓口)自己負担額が、決められたの自己負担限度額までとなりますが、海外の医療機関ではそのような事がありませんので、海外での透析治療費で自己負担額合計が自己負担限度額を超えた場合には、高額療養費の対象となりますので、高額療養費支給申請書提出して申請してください。
========================
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年11月11日

国民健康保険以外の人は?

s-657172131_172s.jpg
”国民保険”以外で”社会保険”に関しても同じ海外療養費支援制度があります。
”社会保険 ”とは
 @”けんぽ”(健康保険組合を持たない企業の従業員−小さな会社の場合)
 A”組合保険”(会社自身で健康保険組合を持っている企業従業員−大きな会社の場合)
の2つに大きく分けられます。もちろん、旦那さん、息子さんの扶養家族となっていて、これらの社会保険の加入者である人もいます。

尚、”社会保険”の海外療養費還付の為の書類はすでに私の方(ハワイ)で準備しておりますので、(国民保険も)保険関連の書類の持参(準備)は必要ありません。


日本ではこれ(国民保険、社会保険)以外に
・船員保険−船舶の船員等
・共済組合−公務員、教職員等
@これらの保険の還付金申請書類はこちらで準備していませんので、申込されるときにその書類を準備してください。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年11月13日

海外旅行保険は適用されるの?

s-Lomi6th024.jpg
海外旅行に行く前に皆さん”海外旅行保険”に加入されておりますが,一般的な海外旅行保険では既往歴のある病気に関しては適用外となります。但し、「AIU」(保険会社)に既往歴の病気に対しても海外旅行保険が適用されるものがあります。そこで、先日AIUに確認したところ既往歴でも日本から継続して治療をしている病気に関して、継続治療を海外旅行先でする場合は保険適用外との事です。すなわち、残念ながら、海外での人工透析治療に関してはこの日本から継続して行っている治療となり、海外旅行保険は使えない事になります。

となると・・・・
この保険は旅行先でシャントが壊れたとか?透析中に急に体調が悪くなったとか、腎臓関連で調子が優れない場合には対応してくれるのでしょう。(たぶん?)そうだとしたら、安全のため、加入した方がいいと思われます。(必ず事前に確認してくださいね!)

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2010年11月19日

海外療養費 支給の注意点

035.jpg
・海外療養費は、日本国内に住所のある方が、旅行等で短期間国外に行ったときに治療を受けた場合に給付される制度で、長期間(概ね1年以上)国外に居住する場合には制度の対象外となります。

・支給の対象となるのは、日本国内で保険診療として認められた治療に該当する場合です。なお、治療(移植、人工授精等の)を目的として出国し、国外の医療機関にかかった場合は制度の対象となりません。

・翻訳文に、誤訳や翻訳漏れがある場合、海外療養費の支給を受けるうえで不利益を被ることがありますのでご注意下さい。なお、翻訳手数料については申請者の負担となります。

・診療内容明細書と領収明細書は、暦の1ケ月単位で、海外の医療機関ごと、入院・外来別に作成してもらってください。すなわち月をまたぐ旅程での透析や海外の行き先が複数で透析される場合がこれにあたります。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/もよろしくお願いします。

2011年07月23日

ハワイでの透析関連費用<概要>

s-DSC00006.jpg

ハワイでの透析費用に関して大きく分けると

@病院に払う費用
1回の血液透析で病院に払われる医療費が500ドル〜600ドル程度です。でもこの透析治療費は後日、日本に帰国後、上記で説明してきた<海外療養費>、<高額療養費>を申請をすれば、かなりの料金が戻ってきます。また地方自治体からも援助してくれる仕組みがありますので自己負担額ほとんどありません。

A予約・送迎・通訳等の手配業者に払う費用
個人ですべて透析関連の手配をする場合は不要ですが、旅行代理店、現地(ハワイ)手配業者に支払うコーディネート費用です。これは各業者毎にサービス内容がまちまちですので、事前によく”サービスの内容と価格”を確認する事が大切っだと思われます。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/Touseki.htmlもよろしくお願いします。

2011年07月24日

病院の費用

IMG_0066-s.JPG
アメリカは基本的に病院毎に透析費用が異なりますし、申込窓口によっても費用が異なります。
(日本は保険制度によりどこでも誰でも同じ料金ですが・・・・)

以下は2011年7月23日現在の病院の費用です。(尚、申込時は最新の情報を確認ください。)
@DSIカパフル透析センター(旧アロハ透析センター)
・透析費用-$650
・診療費-$20
合計 透析1回あたり $670
ALiberty-Hawaii(弊社は専属代理店価格)
・透析費用-$515
・診療費-$35
・登録費-$30
合計 透析1回あたり $580
(*尚、弊社を通さずに申込まれますと $680/回となります。)

追記
<2017年12月19日現在> 
1昨年Libertyの費用は値上がり
・透析費用-$630
・診療費-$35
・登録費-$0<無くなりました>
・薬代-これも無くなり、透析費用に含まれております。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


2011年07月25日

病院の費用<薬代>

IMG_9631-S.JPG
前記した透析費用の中には、透析中に投与されるエポ等の薬の費用は含まれていません。

ちなみに2011年7月24日現在 これらの薬の費用は以下の通りです。(都度最新情報を確認ください。)
EPOGEN $75/1000U
Ferrlect $56.90/12.5mg
Zemplar $40/2mcg

となっており、日本に比べると大変 高価です。
そこで、なるべくハワイではこれらの薬を投与する事を回避する方法がないか?事前に日本で先生に相談してみることがいいと思われます。

追記
<2017年12月19日現在> 
・薬の費用-これは無くなり、透析費用に含まれております。


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


2011年07月26日

病院への支払い

CIMG0003.JPG

ハワイの病院での支払いで注意しなければならないのは、2重請求です。
アメリカ(ハワイ)は医療保険制度が複雑で、医療事務(会計)がシステム的ではなく、人が仲介して支払いがされますので、人為的な(会計上)のミスが多発します。具体的には後日 追加の請求書がいきなり自宅に送られてくる事があります。
これを回避するには必ず支払いをしたという証拠=領収書(書面として)をもらい、これをコピー保管(1年程度)しておくことです。また、出来れば支払いも”現金”ですと支払い証拠が残りませんので、クレジットカードでの支払いを推奨します。(カード会社上に支払いの証拠が残りますので・・・)
もちろんアメリカのほとんどの病院では日本人のようにアメリカの健康保険を持っていない場合、必ずDEPOSIT=支払保証の意味合いでクレジットカードの提示が”MUST”となっています。(逆に現金のみで支払いを強要する医療機関は”もぐり”で安心できない医療機関という証拠です。)


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/Touseki.htmlもよろしくお願いします。

2011年07月27日

コーディネート費用

CIMG0022.JPG
さて、次に病院以外に透析の予約、送迎、付添(通訳)等の手配をしてもらうために旅行代理店、現地(ハワイ)手配業者に支払うコーディネート費用ですがこれは各業者毎にまちまちです。
参考までに私の調べた範囲では
L・L社:@基本料金-$200 A送迎費用-$80 B付添(通訳)-サービス提供なし
A・H社:@基本料金-20,000円 A送迎費用-$70 B付添(通訳)-サービス提供なし
E・G社:@基本料金-28,000円 A送迎費用-サービス提供なし B付添(通訳)-サービス提供なし
V・W社:@基本料金+A送迎費用-30,000円 B付添(通訳)-サービス提供なし

そこで弊社ですが手配だけをおこなう上記代理店とは異なりハワイでの透析に関する介護&医療コンサルタントを提供する会社ですので、その点を考慮して費用を比較していただければ幸いです。
基本料金-@20,000円(但し、始めて弊社をご利用の方は$25追加)A送迎費用-$60 B付添(通訳)サービス-$120/4時間(但し付添サービスを選択されないと透析初日に30分の帯同として$50追加)
となっております。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


2011年08月09日

ハワイでのチップに関して

CIMG0025.JPG
日本ではチップの習慣がないため、ハワイ(アメリカ)でどのようにチップを払ったいいのか?説明します。

まず、病院関係者(看護師、医師)のチップは アメリカでは病院関係者はサービス業と言う位置づけでなく専門職となっており、チップは不要です。気になるようでしたら、病院のスタッフに日本から”お菓子”でも持ってきてあげてください。
次に病院への送迎をしてくれるドライバーにはチップは必要です。チップの金額は送迎料金の15%程度が目安です。
チップ渡すタイミングはサービスが完了した時点(送迎完了)で”お釣りのないように”渡すのが原則です。
また、付添をしてくれる介護人もサービス業ですので付添料金の15%程度が目安で、チップを渡すのが一般的です。

但し、あくまでもチップは”気持ち”ですので、自分の裁量で判断してチップをお渡しください。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/Touseki.htmlもよろしくお願いします。

2014年04月23日

「マル都」制度

「海外で人工透析治療を受けた時の(東京都の場合)申請」

IMG321.jpg

【申請方法】
ハワイで支払った医療費(透析治療費)のうち、まず「海外(&高額)療養費支援制度」を利用し各健康保険から給付される分(海外&高額療養費)を加入している健康保険(国民健康保険、後期高齢者保険、社会保険等をそれぞれの部門に)に請求し、その決定通知を受けてください。その後、次のAからDまでの書類を支給申請書類の提出先に送付し、「マル都」制度(東京都のおける下記内容の支援制度)の申請をしてください。
【必要書類】
A 医療費支給申請書兼口座振替依頼書(療養証明欄の証明は不要です。)
B 健康保険に保険請求のために提出したすべての書類(診療内容明細書、領収明細書、領収書、訳文を健康保険に請求する前にコピーをとっておいてください。)
C 保険給付決定通知書(海外療養費分)原本
D 保険給付決定通知書(高額療養費分)原本-(注)
(注)健康保険に特定疾病療養受療証の適用申請を行った後に決定されるもの

【「マル都」制度について】
対象者 人工透析を必要とする腎不全の疾病で東京都の認定を受け、「医療券」の交付を受けている方
申請できる費用 上記「医療券」の交付を受けている方が、海外など「医療券」の使用できない医療機関などで、助成対象医療費(透析治療費)をお支払になった場合に、当該医療費を請求できます。
申請先:郵便番号163-8001 新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都福祉保健局保健政策部医療助成課医療給付係マル都担当
問い合わせ先:東京都福祉保健局保健政策部医療助成課医療給付係マル都担当 電話 03-5320-4454
備考:「医療費支給申請書兼口座振替依頼書」裏面の記入例の注意事項をよくお読みになった上で、申請してください。

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。


私のHP http://www.trahel.com/Touseki.htmlもよろしくお願いします。

2014年04月25日

ハワイでの透析費用 医療費控除

ハワイでの透析関連費用に関しては確定申告で「医療費控除」の対象になります。
2012-11-30 11.13.10.jpg
ハワイの透析治療費に関しては上記でご説明してきました、還付(海外療養費、高額療養費、お住まいの自治体での特別な補助)制度を利用して幾らかの金額が戻ってきます。(お住まいの自治体によってはすべての金額が戻ってくる場合もありますが・・) この時、治療費と還付金で差額でた(自腹ぶん)場合、これは海外で透析治療を行った医療費にあたりますので、当然 確定申告で「医療費控除」の対象になります。

これに加えて・・・
医療費控除に関しては治療費以外に看護師、又は特に依頼した人等による療養上の世話の対価--<弊社「基本料金」に該当>も含まれます。
更にこの中には、家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話に対する対価--<弊社の「付添いオプション」>も含まれます。(但し、所定の料金以外の心付け“チップ”などは除かれます。)
もちろん診療等を受けるための通院費、送迎費等--<弊社の「送迎オプション」>も含まれます。
したがって透析治療費以外でも弊社に支払った金額は「医療費控除」の対象になるとおもわれますので
”詳しくはお住まいの税務署等にご確認ください!”
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
読み終わったら、上記ブログランキングへの応援”ポチ”お願いします。



 

2018年01月24日

ハワイでロング・ステイ時の透析費用に関して

毎年、冬と夏にハワイでロングステイされる透析患者様がおられます。今年でなんと6年目を迎えました。
20180123_070847.jpg
ハワイはビザの関係上、Max 3ヶ月までしか滞在できません。そこで1.5ヶ月間のロングステイを年に2回楽しまれれおります。日本の真冬の寒い季節もさることながら、ハワイは日本の真夏に比べれば涼しく過ごせますので、夏も快適です。
さて、透析料金に関して、1ヶ月以上の滞在の透析患者には長期割引価格が(13%ディスカウント)となり、$550/回の透析費用(2017年1月現在)となります。
尚、帰国後、ハワイの透析費用が還付されますが、これらは月単位での申請となっていますので、同じ月に(月またぎをせず)ハワイで透析された方が還付金が多く戻ってきますので、ハワイの旅程を決める時には月またぎをしない事も検討してください。

2018年03月17日

2018年トラヘル 料金表改定に関して

本日 ハワイ人工透析手配サービス料金表を改定しました。
改定内容は料金表<page2>の送迎費用に関してです。
20180316002.jpg
昨年までは
・ご宿泊のホテル(ワイキキ内)⇔通常透析センターの往復---<$60/往復>
のみでしたが
改定後は
・ご宿泊のホテル(ワイキキ内)⇔通常透析センターの往復---<$60/往復>
・同上⇒透析センターへの透析初日行き(片道:往路)のみ---<$25/片道:往路のみ>
が追加されました。
これは競合他社の価格設定が透析初日に往路(行きのみ)送迎費用として$50となっており、この比較のために、弊社も”透析初日のみ宿泊先のホテルから通常の透析センターまで片道のみ$25”という設定を設けました。