2020年08月06日

アフター・コロナでの透析旅行のハードル<バリア>

さて、アフター・コロナでなにが変わるのでしょうか?私はハワイ透析旅行の観点から考えて見ました。

BlogTop.jpg

まず最初に透析クリニックの観点から、感染源を経つ(遮断)必要があります。水際対策と言われるもので、”コロナ感染の疑いのある透析患者を自クリニックに入室させない!”事が重要となります。
この流れはハワイのクリニックでは”よそ者”(この場合:日本の)透析患者を受入を嫌がる事になります。逆に日本のクリニックでも”海外渡航のある透析患者”(この場合:ハワイで透析を受けてきた)は受入を嫌がる事になります。
多分??これは国内でも同様で・・・自クリニックの院内感染を防ぐべく、他の透析患者さんへの影響を最大限に考慮して、ご旅行・帰省等によるゲスト患者の<臨時>透析をお断りしているのではないでしょうか???これが”海外渡航のある透析患者”となると一層ハードルが高くなることは明らかだと思われます。
posted by Kenji2 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき

2020年07月25日

コロナで変わる透析患者のハワイ旅行

最近、「アフター・コロナ」で”〜〜”が変わるという言葉をよく耳にします。(よく聞かれるのが”働き方”が変わるですかね?)さて、コロナ禍の後で”ハワイ透析旅行”はどのように変わるのでしょうか?
2014-06-17 18.03.15.jpg
コロナ禍後、明らかに透析患者&透析クリニックの両者で感染リスクに関する懸念<バリア>が加わりました。
これは、今までも透析患者は慢性腎不全という病気のリスクを抱えて言葉や医療システムの異なる海外(ハワイ旅行)にやってきたのですが、更にこのアフター・コロナでハワイ透析旅行のハードル<バリア>が1つまた増えた事になります。

新型コロナに対する治療や薬が明確になっていない現在、透析患者の「不要不急」の外出(この場合ハワイ旅行)自粛は感染リスクを減らすための予防措置であることは間違いありません。それでもハワイ旅行を検討される患者様に弊社が提供できる事は・・・・
やはり初心に戻り、ハワイ透析旅行に関して少しでもハードル<バリア>を下げるために 有意義で的確な情報をタイムリーに提供する事だと思っております。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
そこで「アフター・コロナ」で 弊社は”情報提供を”と主幹業務と位置づけ、今までの様な旅行代理店業務は簡素化し、患者様本人がハワイ透析旅行を”自らの手で”手配・実行できる環境づくりを支援していきたいと思います。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
これにより、弊社も2〜3年前より、毎年ご利用の透析患者数は増えているにも関わらず、売上が上がらない経営悪化(OPサービスの売上減)に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による業績死滅が追い打ちとなっている現状を打破するために 上記基本方針を弊社の「アフター・コロナ」の<働き方改革>とさせていただきます。

posted by Kenji2 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき

2020年07月15日

透析患者のハワイ旅行はどうなるか?

やはりハワイ旅行の再開が延期されました。
一昨日ハワイ州知事が 8月1日から予定されていた観光再開(詳しくは以前のブログ参照:
を少なくとも9月1日までに延期すると発表しました。
2014-01-15 13.53.03.jpg

”透析患者のハワイ旅行はいつできるよになるのか?”
私なりに考えて見ました。透析患者においては一般の観光客に比べ”リスク”が伴いますので、下記の条件がクリアーされる必要があると考えています。
1.外務省の渡航危険レベルが解除されること
2.日本&ハワイでの検疫がコロナ禍の前の状態に戻ること
3.ハワイ−日本の飛行機便が通常運行に戻ること
4.新型コロナに関する治療(薬やワクチン等々)が確立すること
 −→ ハワイと日本の両透析センターで医療崩壊しないためには本人(個人)のPCR検査レベルの確証ではなく、コロナ治療に関する全般的なレベルまでの確証がある程度必要になると私は思います。

さて、私の考察はいかがなもんでしょうかね???

posted by Kenji2 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき

2020年07月08日

やはり悪い予感が的中????

昨日ハワイの新型コロナの状況について20日ぶりにブログを書いたばかりですが
やはり私の予言<第2波到来???>は当たってしまったのでしょうか?
1582683094_20200226-00000019-ann-000-thumb.jpg
本日(7月8日)いきなりハワイで新型コロナウイルス感染者が41名(過去最高)も出てしまいました。
この感染者が急増した状態を“wake-up call”と現地(英語)では呼んでいる様で・・・第2波が”目覚めて”しまったのでしょうかね?
心配ですね!

posted by Kenji2 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報

2020年07月07日

7月7日ハワイで透析最新情報

皆様 いかがお過ごしですか?
昨日(7月6日)ハワイの新型コロナの患者数が1,000名を突破しました。また、ハワイアン航空で従業員13名のクラスターが発生したと報告されています。第2波到来が本格化してきたような気がします??

Colona.jpg

ご存知のように・・・ハワイ州政府は、8月1日より、観光業の再開に向けて、ホノルル国際空港到着前72時間以内のCOVID-19(新型コロナ)検査の陰性(−)証明を提示できる旅行者には、現在施行されている到着後14日間の自己隔離措置を免除すると発表しました。すなわち日本でPCR検査して新型コロナに感染していないと言う証明書を持参すれば、ハワイ旅行が可能になる旨の内容ですが・・・

残念ながらハワイの透析センターからはまだ日本の透析患者に対する受入許可の告知は全くありません!
これは当然の事だと考えております・・・・<こんなリスクを負いたくないのは>
ハワイの透析センターでは新型コロナの院内感染を一番脅威に思っています。すなわち外部の患者(日本からの)から(ハワイの)クリニック内で院内感染が発生すれば、そのクリニックの死活問題となってしまいます。ハワイの透析センターは観光業では無く、現地の透析患者で経済活動<経営>が成り立っていますので、院内でのコロナ感染 封じ込めだけに注力すればいい事になります。もちろんハワイの透析患者も日本の患者<外部から>に来てほしくないのが本音でだと思います。

とう言うことで私の個人的な意見として...8月から ハワイ旅行の再開はありますが、残念ながら透析患者のハワイ旅行はまだまだ先ではないかと考えております。

posted by Kenji2 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報