2019年01月16日

透析センターにタクシーで来られる患者様へ

透析センターへタクシーで行く場合 英語が心配なお客様の為に資料を作成しました。これは英語を喋らなくてもこの書類を受け渡しする事により、行先の指示や料金支払いをガイドするものとなっています。
<必要でしたら資料請求ください!>
To TAXI driver  Ala Moana Clinic.jpg
弊社は ”30分帯同(往復送迎付)サービス”をオプションで提供しており、これによりホテル⇔透析センター間の”送迎のみ”のサービス提供はしておりません。
そこで、”送迎のみ”をと言うお客様には 行き<往路>はホテルで待機しているタクシーをご利用いただき、帰り<帰路>のみオプションで以下のサービスを提供しております。
**********************************************************
透析終了後にホテルへ戻る場合は 事前に弊社経由で送迎を予約した方が、待機時間も(透析センター周辺では待機しているタクシーはなく、呼び出しが必要となります)少なく、スムーズ(お迎え時間、行先等は全て予約時に伝え、更にチップを含めた料金は弊社で代行支払いを済ませておきますので、英語を話す必要がなく)にホテルに戻れと思います。―― このため弊社では”帰路のみ” 送迎手配(予約+送迎料金を含めて:$35)をしておりますので、必要でしたらご用命ください。
**********************************************************
posted by Kenji2 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報はこちらを

2019年01月08日

ハワイでのダイアライザーに関して

質問:ハワイで利用されるダイアライザーのメカー名、品番等をお知らせください!
回答:現在ハワイで利用している透析センターはFMCグループの配下のLiberty-Hawaii透析センターです。このFMCは医療機器メーカですので、このFMCが製造しているダイアライザーをハワイで利用しています。
20190107_073839.jpg
そこで当然、FMC以外のダイアライザーのメーカー指定は出来ませんし、もちろん日本からも持参することもできません。
このハワイで利用されるダイアライザーはFMC製はF160(180 & 200:サイズ違いの選択)NR-e(e:EB殺菌の選択)です。
@Optiflux F160NR(Surface Area=1.5m2)AF180NR(1.7m2)BF200NR(1.9m2)から選択し、サイズ指定(リクエスト)していただく事になります。サイズ指定が日本よりない場合はハワイ側で担当医師が決定します。
この選択は一般的に患者様の体重で判断され、70kg以下の体重ですとF160NRが選択されます。

2019年01月02日

2019年価格改定のお知らせ!

2019年 新年あけましておめでとうございます。
旧年中は弊社をご利用頂き、ありがとうございました。
新年早々弊社サービス料金の改定を実施します。
20190101_184830.jpg
簡単に....
基本料金:20,000円の申込金+$75
<オプション>
コンシェルジュサービス:$150/回(4時間透析)
30分帯同(送迎付)サービス:$80/回
詳しくはホーム・ページから資料をダウンロードしてください。

2019年も頑張りますのでよろしくお願いします。

2019年1月1日

posted by Kenji2 at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報はこちらを

2018年12月25日

カパフル透析センターとアラモアナ透析センターの比較

最近、ハワイの透析で以前カパフル透析センターを利用していた日本人でアラモアナ透析センターに移られてくる患者様多いので、この比較をして見ました。
20170816_070451.jpg
20170816_070511.jpg 
(アラモアナ透析センター内の様子写真)

<透析費用>
カパフル−$650/回
アラモアナ−$630/回
<診療費:ドクターへの費用>
カパフル−$0/回 *ドクターへの費用がないと言うことは??「不安」!もし何かあった場合はドクターが対応しないの?
アラモアナ−$35/回
<特徴>
カパフル−ワイキキから車で7−8分 現地の一般的な患者も通院されている透析センターです。
アラモアナ−ワイキキから車で10分 旅行客専用「VIP」のクリニックで現地の患者はいません。
<透析できる曜日と時間帯>
カパフル−月曜日から金曜日の6:30スタートと10:30スタート 土曜日と午後からのシフトの透析はできません!
アラモアナ−月曜日から土曜日の6:00〜17:00スタートのすべての時間帯
<日本語ができるスタッフ>
カパフル−受付担当者のみ日本語が話せる(医療スタッフでは日本語は話せない)
アラモアナ−看護師(医療スタッフ)3名が日本語対応可能。
<透析センターの環境・その他>
カパフル−冷房が強く、真冬並みの防寒具が必要
アラモアナ− 無料Wi-Fi提供、個別室内音調、無料24時間日本語テレビ放送、ウォシュレット、個人ロッカー、更衣室等々
<結論>
明らかにアラモアナ透析センターの方が”観光客専用”のVIP透析センターなので優位である。

2018年12月12日

メリークリスマス 2018

ご無沙汰しています。
一昨日ホノルル・マラソンが終わり、ハワイはクリスマス一色です。
20181201_161710_HDR.jpg
さて、私ごとすいませんが、先月11月に夫婦で台湾旅行に出かけました。台湾は食べ物も美味しいですし、日本人に優しく、結構日本語通じますし、なんと言っても日本から飛行機で3時間半と大変近く(時差も1時間)日本人の海外旅行先でNo.1なのがよく理解(納得)できました。
そこで2019年の活動目標として、私のお客様が台湾でも透析できるようにまず下準備の活動(マーケテイング)ができればと考えております。 そこでまずはニーズを探るためにも、「私も是非台湾旅行もしてみたい!」とお考えでしたら、是非ご一報いただければ幸いです。

posted by Kenji2 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報はこちらを