2020年06月27日

自宅にいながらハワイ旅行!

皆様いかがお過ごしですか?
ハワイ旅行が8月1日より解禁というニュースがでていましたが・・・・
しかし私はとても現実的ではないと思いました。

そこで、私が考えているのが、「自宅にいながらリモート旅行でハワイに!」と言うものです。
昨日インターネットで”家にいながら海外旅行ができる「ビデオ電話旅行サービス」を始めた企業がある”というニュースを見つけました。これは「現地にいるガイドの人とZoomやLINE通話などでビデオ通話し、利用者が行きたいところに案内してくれるもの」だそうです。
私もこのガイドができればと考えております。
誰かこのサービスを受けて見たい方おられましたら、ご連絡ください!
ちなみに前にも宣伝しましたが・・・・家の嫁が 「楽園ハワイの地味暮らし」と言うYouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCNK8asInKGbAEit2NUmLabQ 
を運営していますが、このチャンネル内容が参考例となりますが。。。お客様がハワイで訪れたいところ、やって見たいこと、知りたいところを等々をお客様に代わって「自宅にいながらリモート旅行でハワイをお届けできれば!」と考えております。
posted by Kenji2 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき

2020年06月06日

なぜ! ハワイの観光業は再開しないのか?

アメリカの観光で有名な ”ラスベガス”とフロリダの”ディズニーワールド”が本日(アメリカ時間の6月5日金曜日) 再開したのですが ハワイは未だ観光客を受け入れると言うアナウンスはありません!
なぜなのでしょうか? 
とりあえず気持ちを鎮めるために嫁が制作した”ハワイに癒やし”のYouTubeをご覧ください。

またよかったら・・・・
この嫁の「楽園ハワイの地味暮らし」Youtubeチャンネルはこちらですので、登録お待ちしています!
https://www.youtube.com/channel/UCNK8asInKGbAEit2NUmLabQ/

さて、ハワイの観光業に従事している人もこの状態が続く(失業保険で食いつなぐ)と生活が成り立たなくなりますので、他州に引っ越してしまうのでないでしょうか!
とう言うことで私と同じように多くのハワイで観光業に従事していた人々がハワイを離れて行くのではないでしょうか??
失業保険が切れる前までにハワイの観光業も「再開の道」を示す事が肝要とおもいます!

posted by Kenji2 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報

2020年06月01日

コロナの”第2波”がハワイでも確認???

前回の記事でハワイもコロナウイルス感染者数「0」が続いていましたが、最近(5月30日)3日続けて感染者が確認されており、”第2波 到来ではないか?”と懸念されております。
1hs-1024x512.jpg
そんな中 本日 嫁が「トラベル・バブル」という考え方がハワイでは最近良く言われる様になったと教えてくれたのですが・・・
「トラベル・バブル」という意味がわからず(”バブル”と聞くと何故か悪い意味に考えてしまいますが・・・)先程 ググって見ました。
「トラベル・バブル」とは、社会的、経済的に結びつきの強い隣国が、ひとつの大きなバブル(泡)の中に入り、その枠組みの中で新型コロナ感染を防止しつつ、旅行の選択肢の幅を広げること。
だそうで...
ハワイ観光の一番お得意様(15%)である「日本」を同じバブルの中に含めようとする政策がハワイの議員中で検討されているようで、具体的には”ハワイ-日本間の行き来については14日間の自己検疫を課さないという案”を提案しているようです。

アメリカのいいところ(悪いことになるかもしれませんが・・・)は各種政策がスピード感を持って施行されることです。(例:給付金支給やWHO脱退 等々)そこでいち早くこの「トラベル・バブル」が実行されることを望みます!
posted by Kenji2 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報

2020年05月24日

ハワイで新規感染者がゼロに。ハワイ旅行に行けるのはいつ?

ご無沙汰しております。
ハワイから脱出してはや2ヶ月が経ちました。
5月8日の発表でハワイ州もコロナ・ウイルス新規感染者数がとうとう「0」となりました。外出禁止令は”緩和”されましたが1ヶ月間延長のようです。
20190204_094710.jpg
さてハワイ旅行の再開はいつになるのでしょうかね?インターネット上では7月末ぐらいになるのでは・・・という噂が一番多いです。現実 日本-ハワイ間のフライトは7月1日まで運休が延期となりました。まずは飛行機が飛ばないと話になりませんね!
観光業で持っているハワイ州としてはなんとか夏休み前(今年は短縮され8月1日から???)までにハワイ旅行を解禁したいのが本音ではないでしょうか!!
勿論ハワイ入国に関する際の”検疫検査”は一層厳しいものになることは間違い有りません。ハワイ入国前にコロナ・ウイルス検査結果の事前提出が義務付けられると言う噂も流れています。

本題のハワイでの(観光旅行の)透析患者 受入ですが・・・一般の観光客が7月末だとすれば、やはり私が最初に予言していた通り、最短で9月1日からでしょうね!!
いち早く皆様に再開のお知らせができることを望んでおります。

posted by Kenji2 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ現地情報

2020年05月12日

結核検査とBCG接種に関して

さて、コロナ禍の中で日本人の(コロナによる)死亡人数が少ないのは、このBCGを接種しているからだと言う”うわさ”がよく聞こえて来ます。(ホントかな???)
BCG接種とは日本人は「結核」患者が多いので小さい時(私の年代は小学生の頃?)にこの予防のためにわざと結核の生菌(ウイルス)を注射していたのです。
BCG.jpg
これがその注射跡です。覚えていますよね!小学生の頃”ツベルクリン反応”検査(結核であるかを検査するもの)をして「−」陰性(たぶん10mm以下の赤い腫れ)だとこのハンコ型の注射を射たれたのです。この注射を射たれるのが嫌でツベルクリン反応の跡を赤く腫れ上がるように”たたいて”いませんでしたか?
さて、アメリカでは「結核」の検査結果(結核菌に感染していない)が重要で、ハワイの透析センターでも日本から来られる患者に関して「結核」<TB>の有無を必ず確認します。
私もハワイに来て看護助手の資格を取るために専門学校に通ったのですが、この入学許可を得るために結核検査がMUSTでした。

また、3年前にハワイで移植希望患者の方で移植登録をしようとしたのですが・・・この結核<TB>検査で「+」陽性(結核菌が確認される)となり登録ができなかった事がありました。尚、結核菌に感染しても(このTB検査が陽性)5〜10%の人しか発病はしないとのことです。

参考までに・・・右腕に1cm程の注射痕があるのでが、これは(我々も含め)年寄りの年代は”天然痘”の予防接種跡であり、BCGの注射痕とは違います。更にこの天然痘は壊滅され、現在は天然痘の予防接種はありません! はやくコロナもこうなる事を望みます!

posted by Kenji2 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Kenji2のつぶやき